南アルプスで山羊を飼う。遊休農地活用協議会で視察に行ってきました

遊休農地活用協議会
現地視察

2011年10月17日

南アルプス遊休農地活用協議会のメンバーと

岐阜県関ヶ原町に

山羊の飼育について先進地視察に伺いました。

関ケ原町の山羊飼育は、町長の発案で実施されており

町長自ら飼育の経過や、苦労などを語ってくれました。

町役場から移動して、実際に山羊を管理する山羊牧場を見学します。

使われなくなった小学校の跡地を活用して、地元のNPOに山羊の管理を委託しています。

学校の校庭を区切って作られた牧場で山羊が飼われています
農地に放牧するため、軽トラックで輸送しやすいように、ケージが自作されていました。

こちらの山羊はやぎ乳を搾るためのメス山羊で、美味しいやぎ乳をしぼるために、畑の草ではなく、配合された飼料を加えて飼育しています。

ビニールハウスを利用した山羊小屋です。

その後 遊休農地に放牧した実証圃場も見学しました。

田んぼ一面にセイタカアワダチソウが茂っている所がみられますが、山羊を放牧した圃場では、きれいになっています

山羊の放牧圃場は電気柵で仕切られ、簡易的な小屋が設置されているだけです
遊休農地の草だけでなく、牧草も定期的に与えながら、山羊が自然化しない様コントロールして飼育しています。
ちょうど視察の日はお休みだったのですが、関ヶ原町では、山羊のミルクを絞って、このやぎ乳をアイスクリームに加工して販売しています。