img_2379

【イベントアルバム】 古民家で”ゆったり”ごはんと竹工作体験

実施日
平成26年3月8日(土)

場所
田舎暮らし体験ハウスなかや (北杜市明野町)

今回の食育探検隊のメニューは

・ごはん ・味噌汁 ・漬物 ・醤油昆布 ・おやき(具なし)

「あれ? ウリは何だったの?」と思った方。まぁ、下を読んでみてください!

ごはんは、山梨が全国に誇る「梨北米」を、羽釜で炊いて米粒ピンピン!香り、食感抜群です!(こういうご飯は、冷めてもオイシイ~)

味噌汁は、ちびっこたちママたちが山梨県産野菜をちぎって切った、「みんなの具だくさん味噌汁」。

漬物は、「なかや秘書課」のおばあちゃんたちお手製の、ここでしか食べられないタクワンと野沢菜漬け。

醤油昆布は、味噌汁のダシに使った昆布を細く裂いて、地元韮崎のお醤油で味付けをしたもの。

おやき。具なしのものは、この辺りでは「ツンボ」というそうです。(中が詰まっているから。)囲炉裏で焼いたら、好みで砂糖醤油や味噌で味をつけていただきます。もう一度火であぶると、香ばしい香りでまた格別!

子どもたちは部屋から部屋へグルグルと走り回り、ママはおばあちゃんの昔の子育ての話に夢中。はじめてオトナの包丁でお料理をしたり、薪を割って燃し木を作ったり、焼きたてアツアツのおやきに恐るおそるかじりついたり。知った人も初対面の人も、それぞれがそれぞれにいい時間を過ごしました。

また、こんどは「もっとゆったり」時間とご飯を楽しみたいですね!